『見えざる網』

『見えざる網』(角川文庫)
伊兼源太郎さんの小説を読み終えました。

SNSについてのテレビ街頭インタビューを受け、否定的な意見を述べた後から、命の危険を感じるようになった主人公の今光。

なぜ自分が
いつも事故に見せかけて命を狙われなければならないのか

他にも同じようにして命を落とした人はいるのか。


事件の真相を追いながらも
誰かに監視され、自分も追われているという恐怖。

緊迫感満点で一気に読んでしまいました。

情報社会。
あらゆることが、情報によって大きく変わっていく。

自分が生きている現代の
情報との付き合い方、
怖いことがたくさん潜んでいるのかも、なんて思ったり。


いまやスマホ一台持ち歩いているだけで
その持ち主がどこにいるのか
わかってしまったり、
ロックをかけていたって、どこかからは漏れたり、覗き見されたりしている可能性は、完全には否定できない世の中
っていうのも、よくよく考えれば
とっても怖い。

そんな現代の身近な危険にぐっと迫った小説でした。


にしても
さすが

第33回横溝正史ミステリ大賞受賞作
(o^^o)

おもしろかったわあ


コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 SO BOOKS生き字引に会いに He is speciali st for photobooks all of the world!
新着 えひめ・松山産業祭り2017 We went to tasty🐟Ehime!
新着 ハガキセット New stamps for post card
新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.