『雪と珊瑚と』

梨木香歩さんの小説『雪と珊瑚と』を読了。

小さな赤ん坊、雪をひとりで育てている珊瑚。
とほうにくれていた時に、一筋の光のように突如出会った、一人暮らしの老女くらら。

梨木香歩さんの作品は『西の魔女が死んだ』で初めて出会ったのですが
彼女が描く優しく穏やかなお婆さん像が
今回はくららにあって
やっぱりこの感じ、好きだなあと、しみじみ。

みんなそれぞれに悩みを抱えている。
それぞれに大なり小なり、しんどい過去の上に今がある。

達観するのでもなく
突き放して冷たく見るのでもなく

あらゆることを重ねてきた上での
強い穏やかさ

そんなくららのような人に憧れる。

もしも、自分の中の何かがザワザワして、トゲトゲしてきた時は
この本を読んでみたら、くららの醸し出す穏やかな空気に包まれて、少しは成りたい自分を思い出せそうな気がする。




コメント

相手を思いやる気持ちをもった人は、心に余裕があるようで、
本当に素敵ですよね。
でも、都会に住んでいると、なかなかそんな気持ちになることが
出来ない自分をちょっと残念に思ったりします。。。

まるみる 2015年09月05日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 自由🐕
新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!
新着 確認中✌🏻✨ I'll check my script!
新着 キラリトギンザ ガールズパーティー2017