15年前の白塗り男は今…

この夏どうやらミュージカル界はこの作品で大盛り上がりの様です。
いや、この夏というか、ここ15年はこの作品は大盛り上がりで、知らないうちに物凄い大作に成長したミュージカル界のモンスター作品。

そう!!

『エリザベート』

♪エリッザベー、エリッザベー、エリッザベー
♪エリザベ、エリザベっ!

という歌が脳内で流れる人も少なくないでしょう。


観劇しました!!

しかも2回も。

ダブルキャストで、知り合いだらけなので2回観ないとどうにもこうにも殴られそうだったので2回観ました。

チケットが取れない取れないという噂も、この夏はスッカリ和物に没頭していた僕には聞こえて来ず、チケットを入手するのが困難でビックリしました。

が、何とか入手!

全キャストコンプリートするという快挙を成し遂げました!


実は僕、この作品に15年前に出てました。白塗りで。
今ともなればその事実を知っている人は結構少ない・・・。
でも、出てましたの!!!

そしてその頃、鮮烈なデビューを果たし、ミュージカル界のプリンスとか言われている男とそれ以来ず~っと仲良しなのです。


そう、井上芳雄。

当時はルドルフ役でデビューした芳雄が今回からトート閣下に!!!

「多分泣く。俺は泣くよ・・・」
と言って観劇しました。

まぁ、泣きはしなかったけど、芳雄のトート閣下姿は感慨深いものがありました。
特に「闇が広がる」というナンバーはグッと来た!!!

グッときた~~~~!!!!!


そして、トートダンサーと呼ばれる8人の男たちにも会いに行きました。
「知らないと思いますが、初代です。。どうもコンニチハ」と・・・。

相変わらずトートダンサーは格好良い!!


キャストも演出も変わってしまい、僕が出演した頃のエリザベートではないけど、やっぱりこの作品は僕にとってとても思い入れの深い作品。
15年たって、こうやって客席からこの作品を感慨深く観る日が来るなんて当時の白塗りの僕は思いもしなかっただろうなぁ・・・・。

ミュージカルは「再演」というシステムがあるからこういった経験が出来るのです。
なんだか不思議。

今の自分があるのも過去の自分が通った道があるから。

う~~ん。。。
なんか、感慨深いです。


ほなまた(^з^)/~~


★NIRO★

最新ブログ

豚小屋からの手紙
2017年は、変化する一年なのか!?
2016年はニイロの年か?問題。
トクマ&タクマを観に