『最果てアーケード』

小川洋子さんの
『最果てアーケード』(講談社)

文庫で読みました。

本当に素敵な一冊。

フレーズひとつひとつの表現が
カラフルで
優しくて
ズバリとした力もあって
でも丁寧で。

なんども読み返したくなる言葉が
たくさん散りばめられています。

こんな風に
いろんなことを含んだ上での静けさ
を私も手に入れていけたらなあ。

厚みのある静けさは
派手さはないけれど
揺るぎない幸せの形なのかも。

最果てアーケードには
幸せが眠っている。


コメント



奥深いですね…
^_^;

イカヤキマン 2015年08月09日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 『夜の木』
JFマリンバンク全国大会 浜の応援隊🐟
outfits👗👠