幸せと充実の定義

ドラマ化もオンエアが始まったばかりの

『エイジハラスメント』

内館牧子さんの小説を読み終えました。

ドラマと小説では設定がかなり異なり、
小説家さんとしての内館牧子さん、
脚本家としての内館牧子さん、
両方楽しめる!


小説の方では

主人公とその夫が
それぞれに
女の幸せとは何か
男の幸せとは何か
を考えているシーンが印象的。


主人公が「幸せな人生」と「充実した人生」の違いについて考えていた時に、

母親は
「やっぱり女の人生を充実させようと思ったら、その六つは絶対必要だね。健康、まっとうな家族、経済、仕事、趣味、結婚前の恋愛」と言い、

義理の姉は
「このどれが欠けても女の人生、淋しいよ。」

と言う。

その一方で主人公の夫側では

「死に場所を持ってる男が、生も死も充実するんだ」

という結論。

何々のためなら、なんだってする。
ってこと。



女は複雑だね。
ややこしい。めんどくさい。

って、私も女だけどさ冷や汗


あーそれにしても
さすが内館牧子さん
面白い。

同じ秋田県出身として
誉れ高きお方だとつくづく感じます。







表紙と顔がなんとなく似てる気がして
おもしろかったわ。

丸顔に、お団子てっぺん。
小さい口。
にひひ

コメント

確かに、この本の表紙は、、、いやいや、今日のコメは、このへんにしておきます(笑)。

まるみる 2015年07月12日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「奈良美智for better or worse」展@豊田市美術館
新着
新着 「ベルギー奇想の系譜」展@Bunkamuraザ・ミュージアム
新着 三沢厚彦さんのシロクマ