☆ラウゲンブロート☆

まこの間はパンのマスター教室で、ラウゲンブロートというドイツのパンを作りました( ´ ▽ ` )ノ


焼く前にアルカリ液につけるので、かなりこんがりな焼き色になるんです★


失敗してコゲちゃったわけではございませぬ(・ω・)ノ笑


表面がパリッとしていて中がもちっとしている、岩塩が効いたプルッツェルとかと似てるパンです♪


一次発酵して、成形をした後、本来は水酸化ナトリウム水溶液と言う劇薬のアルカリ液に付けるんですが、パン教室では手軽で実用的な重曹を代用しました!



もちろん劇薬に付けても、焼くことでナトリウム系の中性塩に変化するから食べても無害ですヘ(≧▽≦ヘ)♪


美味しくなるからってあえて劇薬につけるのはなんだか不思議な感覚ですけどね〜!笑


でもその分他のパンには無い独特な風味と、食感、塩加減、甘みが楽しめます( ´ ▽ ` )ノ


ソーセージやスープに合いますね〜☆


ライセンス取れるまであと少し(・ω・)ノ


頑張りまーす☆


のりずむ★




コメント

先にコメントした人たちも言ってるけど…ホントに椎茸みたいだよね( ̄∀ ̄;)
最初にその作り方を実践した人は…科学にも精通した人なのか?それとも何かの弾みでたまたま発見したのか( ̄ω ̄;)?

おぐり 2015年06月10日

丸いヤツって、パンなんですね。
でっかいシイタケに見えました。

水酸化ナトリウムって、強アルカリのヤツですよね?
昔、理科の実験で出てきたヤツ。
そんなのに漬けて美味しくなるって、誰が見つけたんでしょうねえ?
最初にやった人、エライですね。

ニートたけし 2015年06月09日

ごめんなさい、大きな椎茸かと思ってしまいました。パンね、でも、何度見ても、やっぱり椎茸にしか見えない(≧∇≦)

おひろさん 2015年06月09日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

☆フクロウカフェ☆
☆ご報告☆
☆福岡帰省☆