気象記念日

今日、6月1日は、「気象記念日」

1875年6月1日、
日本初の気象台、「東京気象台」が設置され、
1日3回の気象観測と地震観測がスタートしました。

これをを記念し、
1942年に制定されたのが、「気象記念日」。

また、日本で最初の天気予報が発表された日も、
実は、6月1日でした。

こちらは、1884年。

ドイツ人のクニッピングが予報しました。

その最初の天気予報は、
「Variable winds,changeable,some rain.
(全国一般風ノ向きハ定リナシ 天気ハ変り易シ 但シ雨天勝チ)」

今は、様々な観測方法がありますが、
当時は、地上気象観測のみ。

しかも、データや知識も少なかった頃ですが、
より正確な情報を防災に役立てたいという強い意識から始まった、天気予報。

その後、だんだんと、
観測方法や得られるデータが増え、
予報精度が向上し、
気象に関する知識が、深まり…
今、詳細な「天気予報」に至っているわけですね。

その長い道のりには、たくさんの人々の想いが詰まっているはず!

これからも受け継いでいきたいですね!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心