TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015

なんかもう

飛んで行ってるよなあ、だいぶ、彼方まで。





TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015

写真家、楠哲也さんと

あら、楠さんのお友達の今井宏さんも

一次審査通過者の中に名前が。


去年はアメリカ10週間の撮影で
"American Archives"
という素晴らしい、愛とエネルギーに溢れてた、楠さん自身とアメリカの今、の作品群を撮っていらした楠さんは

さて、
今年は何を撮ってくるだろうかと
楽しみな中、

先に撮ってきたものが
こうやって評価されて
あちこちで見られるようにもなって。

それでも、アメリカに出発する前から何一つ変わらず、自らの想いをより強固にしていく作家としての姿を
いつも、本当に尊敬している
人生の先輩でもある写真家。

わたしもあんな風な
ぶれない、自分らしさで
力強く進んでいけたらいいなあ。



ちなみに、

前日みてきたルーヴル美術館展での

風俗画というジャンルが存在しなかった頃に描かれていた、日常の様子の絵画の数々をみていて

そうか、"American Archives" が
魅力あふれる作品群であるのは
こういうことなのか、
とふと、何百年も前の絵と2014年の写真が
リンクしたのでした。

自らのエネルギーで
自らのために
自らの愛を持って
作品として表出していく。

その熱量に
人は、動かされる。

やりたいことを
とことん、やる。

その大切さと
その大きな価値に
改めて気づかされます。

コメント

良い感性に触れることが出来て、成長しましたね。。。

まるみる 2015年05月29日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着