マコちゃん。そしてプリンスたち。

はい、マコちゃん。

佐々木誠さん。
ほとんどの人はマコッちゃんと呼ぶが、僕はマコちゃんと呼ぶ。その方が可愛いからw

マコちゃんは『ラ・カージュ・オ・フォール』でも『Wedding Singer』でも共演した仲良し。
前回の2012年のラカージュではゲネプロで怪我をしてしまい、最初はダンスシーンのほとんどを代役がやったりして、最終的には全てマコちゃんが復帰出来たんだけど、様々なドラマティックな事が巻き起こり、前回はかなりこの男に泣かされました。

今回は初日から元気に一緒に歌い踊っています!嬉しいっ!

今回もアクロバットの福山君が稽古中に怪我をして、露口君が代役として来てくれたりもしています。
ラカージュはハードな舞台。怪我やトラブルがつきものなんだけど、なんとかこれ以上の怪我人が出ないでみんなでゴールしたいと願っています。

ちなみに、マコちゃん含むこのメンバー。

ヒッピーとつっくん。
僕らはなんとなく同世代で、ラカージュカンパニーの中では中堅と言ったところです。
古き良き時代のミュージカル界で若手だった人たちw 言っておくが僕が最年少です!


そんな『ラ・カージュ・オ・フォール』。
昨日劇場に着くなりプロデューサーに
「新納さん、今日は新納さんのお友達がたくさん来ますよ」
と言われた。
来たのはこの人たち!!

田代 万里生、山崎育三郎、平方元基。

本当だっ!みんな仲良しのお友達っ!!
似たような年代の似たようなポジションの現代ミュージカル界のプリンスたちが偶然にも揃いまして、楽屋は大騒ぎw
あ、僕は年代もポジションもかなり違いますが…w
お友達です!!w

楽しかったぁ!!


「アルバンたちのゲイの葛藤が、舞台俳優の葛藤とも似てる」
と言ったのは田代 万里生。
ふむふむ。なかなか素敵な見方じゃまいか!

前々回のジャンミッシェルを演じた育三郎は感慨深かった様で、感動してた。

元基は…。ただ、俺との再会を喜んでた(笑)いやいや、この作品大好きみたいでかなりテンション上がってました。


業界関係者も大好きで、名作と呼ばれるこの作品。
9年も再演されなかったなんて勿体無い…。

改めてラカージュが復活してその舞台に立てている事を感謝するのです。

幸せです。



ほなまた(^з^)/~~


★NIRO★


最新ブログ

豚小屋からの手紙
2017年は、変化する一年なのか!?
2016年はニイロの年か?問題。
トクマ&タクマを観に