天気図の日

今日は、「天気図の日」

1883年の今日、ドイツ人のクニッピングの指導のもと、
東京気象台において、日本で初めて天気図が作成されました。

当時、天気図のもととなる観測データは、
全国わずか11ヶ所の観測所において収集されたデータのみ。

また、天気図の受け取り方も、今とは全く違います。

現在は、新聞やテレビ、パソコンや携帯などで当たり前に見ることのできる、「天気図」ですが、
当時、一般公開された場所は、鉄道駅舎や派出所。

送られてきた方法は、電報でした。

ちなみに、印刷は7色刷りだったそうです。

それから130年以上経ち…
今では、様々な観測場所と観測方法により豊富なデータを収集することができます。

そして、そこから作成された天気図からは、
詳細な情報を読み取ることができますね。

130年以上の歴史の中にあったであろう、
多くの方々の努力や技術の発達などに感謝したい日です。


コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心