☆映画リポート☆

はろん(^ω^)


映画をちょくちょく見てるんですが、


久々に感想を書かせていただきますp(^^)q



個人的な感想になりますが、ネタバレに敏感な方はご注意くださぃ!



今回は今まだ上映されている
『渇き。』です。



この映画は役所広司さん演じる元刑事の「藤島」が、失踪した娘の小松奈菜さん演じる「加奈子」を探していく中で、彼女に関わる様々な人から「加奈子」の本性、実態を知っていく想像を越えるエンタテイメントムービーです。




とにかく、「加奈子」を筆頭に、皆ふっきれるほどクレイジーなんです!!笑



才色兼備で完璧に見える魅力的な「加奈子」は実は関わりを持った人の人生を滅茶苦茶にしてしまう血も涙もないモンスターでした。


「加奈子」に関わる人々がどうなっていくのか、「加奈子」は一体どこにいるのか、ハラハラしながら見入ってしまいます。



正直、かなり過激な描写、表現が多く、賛否両論に別れてしまう作品でもあるかもしれませんが、



今現代社会が抱えている問題がぎゅっと詰まっているので、これはこんなに恐ろしいことなんだというメッセージも感じました。



『告白』、『嫌われ松子の一生』なども手掛ける、ストイックな中島哲也監督の最新作ですが、場面の移り変わりや、突然飛び込んでくる心臓を鷲掴みにされるような表現等、他の作品にも通じるものがありました。



またストーリーに加え、人をアップで写したり、わざと画面が揺れる撮り方をしていて臨場感はたっぷりで、さらに引き込まれてしまいました。



とても個性溢れる面白い映画でした。




のりずむ★

コメント

ゴジラに続いて、来月は『猿の惑星 新世紀』を観てきます。
前作の、『猿の惑星 創世記、なんと!撮影に猿が使ってないんだとか。
あれ、全部CGなんですって。
すごいですねえ。

手羽先コウ 2014年08月03日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

☆福岡帰省☆
☆映画ソムリエさん☆
☆大阪☆
☆京都☆