yogaのポーズで肉体改造 1

ヨガは健康に良いと言われているのですが、具体的にどのような点が健康に良いと感じるのでしょうか?という質問を良く聞かれます。

呼吸をしっかりと意識していく。
自分に集中する時間になる。
全身運動のように関節を全て使う。
自分の身体しか使わないので負担がない。
左右、前後、上下、バランスよく動く。

というような返答をします。

体力的にハードなヨガから、リラックスのヨガ、瞑想中心のヨガと今ではたくさんのヨガ内容のレッスンがあります。

ヨガをする際には、鼻呼吸法を取り入れることになります。基本的にハードな内容のヨガは有酸素運動同じような作用を期待することができます。ヨガを続けていくことによって身体が温まり血液の流れが良くなります。そのため肩コリや首のコリにも効果が高いことが証明されています。


ヨガの呼吸練習

鼻からゆっくり吸って、鼻からゆっくり吐きます。
吐き出すときにはお腹を凹ましながら、腹筋の動きを意識します。

3秒吸って、3秒吐きます。
慣れてきたら、5秒吸って、5秒吐きます。

ゆっくり呼吸を繰り返し、ポーズを繰り返す動きの中でも乱れない呼吸を繰り返し出来るよう練習していきましょう。

この呼吸が身に付いてくると、日常生活の心の乱れにも瞬時に呼吸で対応出来るようになります。いつでも新鮮な酸素を身体に取り入れて体内の活性化や疲労しにくい、さびにくい身体を手に入れていきましょう。

今日は犬のポーズ「ダウンドック」というポーズを紹介します。そして、さらに伸び感を味わってもらえるようにアレンジもご紹介!!

気持ちよく、全身と下半身を伸ばしましょう!


<ダウンドック>
下半身の疲労回復、むくみの解消



①両手の平をしっかり床につける
*親指側と人差し指の間が浮きやすいので注意

②かかとも床につけましょう
*足裏全体で床を押し続ける

●脇の下を床方向へ近づかせる
●お尻は天井に向ける
●おへそと背骨は近づけながらお腹は薄い板をイメージ

<<ダウンドック ストレッチ>>

①ダウンドックのポーズになります


②吸う呼吸で両足はつま先立ち


③吐く呼吸で右足のかかとを床、左足の膝を軽くまげる


④吸う呼吸で両足つま先立ち


⑤吐く呼吸で左足かかとを床、右足の膝を軽くまげる


⑥吸う呼吸で両足つま先立ち、、、同じ動きを繰り返す

*つねに脇の下は床方向
*手の平全体で床を押し続けるようにする



---------------------------------------------
赤坂でヨガ&トレーニングしています!

Magical Times
107-0052
東京都港区赤坂8-6-27
スカイプラザ401

http://magical-times.com
--------------------------------------------








コメント

私はまだまだ入門者なので、今日のポーズは、正直、難しいかも、、、
です。でも、これからもブログを楽しみにしています。☆

まるみる 2014年06月02日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

「夏バテしない軸作り」
「夏バテしない軸作り」
「暑さに負けないから体幹作り」
「暑さに負けないから体幹作り」