映画編



先日観た映画「アデル、ブルーは熱い色」
公開されるの、ずぅっと待ってた!

フランスという芸術の国の人達に嫉妬しました。
それにアーティスティック。
撮り方や構成、演じ方のせいなのかとても近くで観ているような…ノンフィルター感!



フランス映画なんですけどね、パルムドールを受賞してます。
私はレア・セドゥ(他作品「マリーアントワネットに別れを告げて」での演技が最高に素晴らしかった!)が好きで楽しみにしてました。


よかったぁ。
ちなみに180分という長さ( ̄▽ ̄)はは



最近やっと観たものもとっても良かった☆


「さよなら渓谷」
きっと私にもある心の鎖。傷みを感じていないと苦しくってしようがないんだ。
でも、ふと外を見てみれば世界は違ってみえるんだよね。

「シャニダールの花」
花の虜になるのは蝶か女か。綾野剛さんは「夏の終り」の彼もそうだけど泣き顔がとても素敵。なんだか不思議な世界観なお話でした。

「ナタリー」
愛する人を無くしても、強く生きて、また人を愛そうとするすばらしさ。大好きなオドレイ・トトゥ!どの作品を観ても 表情が繊細で大好き!

「愛、アムール」
画がきれい。焦点がしっかりとしていて、観ていても迷わない作品。そしてとても感慨深く、またいつか観たい作品。

「The place beyond the pines」
宿命ってありますよね。
これまた大好きなライアン・ゴズリング!
「ブルーバレンタイン」の監督の作品で好い好いとの噂は聞いていましたが、やっぱりこの監督さんのすき。
にしても、かっこよすぎるライアン・ゴズリング。俳優陣がすごすぎる。




久々の映画編でした。
最後、興奮しちゃったけど。ふはは笑



グッナイ!
xxxerica

コメント

えりかさん
豊かな感性での感想、とても参考になります。

みっち 2014年04月10日

フランス映画は、映像がきれいですよね。☆

まるみる 2014年04月09日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

versailles
PARIS
おしごと
PARIS