『博多豚骨ラーメンズ』

『博多豚骨ラーメンズ』(アスキー・メディアワークス)



と言っても
博多で食べられる美味しい豚骨ラーメン屋の話でも

博多版ラーメンズの話でも
ありません。

博多が舞台、ってとこは

・・・


それはそうだ、さすがに。


博多の人口の3パーセントは殺し屋という中で
(あくまで設定です。著者の木崎ちあきさんもあとがきで、真っ赤な嘘ですと書かれております。)

様々な得意分野を持つ殺し屋たちが
日夜暗躍。

伊坂幸太郎さんの『グラスホッパー』や『マリアビートル』にも様々な殺し屋が登場していましたが
『博多豚骨ラーメンズ』の殺し屋たちも、個性溢れる面々。


就職活動でうっかり
社の方針にばっちり合ったことを答えてしまった斉藤君の
入った会社はまさかの殺人請負会社。
へまをして飛ばされた先は博多。
次に失敗したら、文字通り、首を切られるという、ひやひや転勤。


誰が
誰を
騙しているのか。

殺し屋たちの闘い。

やけに美味しそうな
カップ麺の豚骨ラーメンと明太子が後を引き、

博多で見知らぬ不思議な人から名刺をもらったら、思わず火で炙らずにはいられない、

そんな痛快な本でした。


博多、行ってみたーい。



コメント

まりさんのような美女の殺し屋なら、狙われてみたいような、、、
なんてね。(笑)

まるみる 2014年03月31日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「神戸港コレクション〜よみがえった戦後風景」展@神戸ゆかりの美術館
新着 茶こし新調の巻 New tea strainer!
新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017