『生存者ゼロ』

結構分厚いミステリー本でしたが

数々の、一気に読んだという読後感想につられて手にした本。


『生存者ゼロ』(宝島社)
安生正さんの小説で
第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作でもあります。


私も皆さんと同じく

一気読み。

途中、仕事の合間にベーカリーカフェでも開かずにいられなくて読んでいたんですが

ふと顔を本から離した時の世界のギャップ。

美味しいパンとコーヒーを目の前にして読む内容ではないかなあって。
でも続きが気になって仕方が無かったのよお。


じゃあどんな時と場所が
読むにふさわしいか?


そうねえ

移動時間が長い飛行機とか新幹線とかで、なんてのもいいかも。
退屈な移動時間も本の世界に引き込まれて一瞬になりそう。


物語は北海道根室半島沖に浮かぶ石油掘削基地で、一夜にして職員全員が死亡するという事件から始まります。

謎が解明されないまま、
次々に発生する同じような事件。

混乱する国。
立ち向かう人たち。
究明しようとする学者。


そして、

原因が解明されたとき

恐ろしい光景が広がる。

『生存者ゼロ』





「人を想う心、人を気遣う心、それこそがこの難局に立ち向かう拠り所だ。どんな武器も、どんな軍隊も、強く折れない心に勝るものはない、かい田もそうありたいと願う。」(かいの字を漢字変換すると、それ以降の文字が全く表示されなくなるので、致し方がなく平仮名表記してあります。)




絶対絶命に追い込まれた中で、
人は何を選択するのか。


目の前に広がる
恐怖の世界。


怖いよ


ふっふっふ。

コメント

おやおやおや、、、思わせぶりな、ブログの終わりかたですね。(笑)

まるみる 2014年03月25日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖