☆映画リポート6☆

はろん(*^^*)


またまた映画を見たので感想を(・∀・)



こないだは『大統領の執事の涙』を見ました♪



フォレスト・ウィテカー主演の実話を元にして作られたヒューマンスペクタクルです。



あらすじを書きますが、ネタバレに敏感な方は見ない事をお勧めします。O(><;)(;><)O




綿花畑の黒人使用人として生まれたフォレスト・ウィテカー演じるセシルがホワイトハウスの執事にスカウトされます。



そこから7人の大統領に仕えながら、歴史が動いていく最前線に携わり、何を感じ、どう思ったのか。



また世の中を良くする為に白人に仕えるセシルと、


対照的に


黒人の権利の為に親の反対を押し切って戦う息子。



個人的には、ホワイトハウスに仕える執事とその家族に焦点を当て、



人種差別があった時代から、公民権運動を起こし、黒人が地位と権利を勝ち取っていく、


そんな歴史をリアルに描いた作品だと思いました。


家族の愛と、伝わってくる熱いメッセージに最後は涙無しには見られませんでした。


差別の辛いシーンもありますが、決して目を背けてはいけない、そして忘れてはいけない事実だと思います。



生きる意味を考える映画でした。



ではでは今日も1日お仕事頑張ってきまっす♪



のりずむ★


コメント

パーネル・ウィテカーなら知ってるんだけどなぁ( ̄∀ ̄;)

おぐり 2014年02月25日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
☆福岡帰省☆
☆映画ソムリエさん☆
☆大阪☆