30%のパス

サッカーとイタリア、そしてW杯、日本代表、というキーワードでここ最近過ごしてきたもので
やっぱりそうなると
ニュースをみても
近い話題にパッと目が行くようになるもので。

中村俊輔選手は二度目の年間最優秀選手に選ばれ

遠藤保仁選手はNHKの有名番組 プロフェッショナル仕事の流儀で特集されるとか、

さらにACミランの本田圭佑選手が移籍後初のフル出場をして、逆転弾につながる素晴らしいアシストを決めてチーム勝利、とか。

今朝はサッカーに関連した良いニュースも盛りだくさんで目に入りました。


さて



この間読んでいた本

『名波浩 泥まみれのナンバー10』(TOKYO FM 出版) 著者は平山讓さんの本に

名波さんの一番かっこいいセリフがあったので
ここに引用します。


サッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカー

例えば、パスコースが二つあるとする。一つはな70%の確立で通るパスで、もう一つは30%の確立でしか通らないパス。でも僕は、30%のパスが一本通れば凄いゴールチャンスになるというときは、迷わず30%の方へ出しますよ。もちろん70%のパスの方が大事なときもあるけど、でも30%のパスに僕の持ち味があると思うから。


サッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカーサッカー


ぐっと来る言葉です。


私も
迷わず、30%だけど大チャンス、を選択できるような人でありたい。

ちなみに名波さんは、元日本代表の選手で今は解説などもなさっていますが
小学校時代から、サッカーが上手じゃないこも交えてみんなが楽しめるような遊び方をしたり、
成長して行く中でも、相手のタイプや技量に合わせた優しいパスを出す選手だったのだとか。

それは、会話にも表れていて
相手に合わせられる技量があるパスを磨いた、というよりも、むしろ
ご性格というか、お人柄というか
そういうところから滲み出た個性の一つだったような気がしました。


さーて

今日もお仕事がんばってくるー


今日は映像の撮影でーす






コメント

まりさん、今日の映像のお仕事は、どうでしたか???

まるみる 2014年01月28日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着