風冷えと底冷え

今日の東京の朝の最低気温は、-0.2℃

今季初の「冬日」となりました。

ところで、寒さにも、色々な種類がありますね。

よく聞かれるのが、「風冷え」と「底冷え」です。

「風冷え」は、「強い風が吹きつけて冷えること」

風が吹くと、体感温度は、実際の温度より低くなるといわれますね。

一方、「底冷え」は、「体の芯まで冷えること」

どちらかといえば、風がないのに寒いとき…
たとえば、よく晴れた風の弱い日、放射冷却の影響で、地表付近の温度が下がった時などに、使う言葉でしょうか…。

キーンとするような「底冷え」と
ぶるぶる震えてしまうような「風冷え」…
冬は、両方の対策が必要ですね!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心