バンド付きノート

いつも愛用しているバンドがついたノート
カバンの中で開いてしまうことがないので
中の紙がよれたりすることもなく
最後まで綺麗に使えるんだよね。

何冊目かなあ、これ。

気になったニュース記事とか
雑誌の中の文章とかをメモしたり
いろいろ、なんでもありなメモ帳。

手帳と、このノートのダブル使いで

2014年バージョンの手帳の使い方は
新たに読書記録も手帳に入れこんでしまえ
という方向でチャレンジ。

なるべく少なくしたいんだけどねえ、荷物。

手帳とメモ帳は
持っていないと、やっぱり
思考を整理したりするのに必要になるんだよなあ。

そう考えると
この電子の時代に
私の持ちモノには
紙のものが多い…

本も、ノートも手帳も
カバンの中の紙率、かなり、高いわ。

今日見つけた
ネット上の記事は

英科学誌ネイチャーが
「2014年に注目すべき5人」を選出した時の話。
世界中から5人に絞られた中に
なんと、日本人女性が含まれています。

iPS細胞を人間に応用する臨床研究を始めるプロジェクトの
リーダーである高橋政代さん。

研究の世界でも
日本人女性が活躍するようになり
そしてこうして世界から注目されるということは
嬉しいことで、希望が広がりますね。


もう1つのメモしたニュースは
フグの巣について。
奄美大島の海底にできる
ミステリーサークルか?というような
砂の上に描かれた模様。
以前からその模様の存在は知られていたものの、
それが何なのか分からなかったんですって。
今年になって、その砂の模様がフグの巣だと判明したのだとか。
すごいよね
ここには写真を転載できませんが、
ネット検索すれば出てくるかと思います。

人間が潜水して水深20メートルから30メートルのあたりに
これだけ綺麗な模様を砂の上に描こうとしたって
かなり難しいと思う…

すんごい綺麗な円。そして等間隔にみえる線の模様。
これをフグが作っただなんて。

作っている様子を
こっそり覗いてみたい。





コメント

そうですね。見渡すと、結構アナログなものは多いですよね。☆

何でもデジタルにするのも便利ですが、アナログの良さも
捨てがたいですよね。。。

まるみる 2013年12月26日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着