秋の火災予防運動前運動

ようこそ!ゴトウソウです。

東北楽天イーグルス “日本一” 本当におめでとうございます!
優勝した瞬間、家族で大喜びしました!
僕と妻は、自然と涙がこぼれていました。
あぁ感動した!


さて、熱いニュースとは裏腹に、11月に入りめっきり涼しくなってきました。

北海道や東北地方ではストーブやこたつが、ネクストバッターズサークルでお待ちです。

暖房器具は冬場に欠かせないアイテムですが、その利用には十分な注意が必要です。

ではその危険性について、過去から学び予防しましょう!


主な火災事例です。

① 電気ストーブを使用したまま寝てしまい、布団に着火し出火した。
② 運転中のストーブに給油したカートリッジを入れようとしたところ、カートリッジの蓋が閉まっておらず、灯油がこぼれて着火し出火した。
③ 調理中、足元に置かれた電気ストーブのヒーターと、衣服が接触し続けたため着火し出火した。
④ 石油ストーブの上に干していた洗濯物が、石油ストーブの付近に落下したため着火し出火した。
など、もっともっと事例はたくさんありますが、つまりは、火災は身近なところに潜んでいる、ということをお忘れなく。
では、その他注意点も下記しておきます。
⑤ スプレー缶など、熱が加わると爆発する危険があるものを置かない。また、使用しない。
⑥ 石油ストーブやガスストーブなどを使用する時は、こまめに換気する。一酸化炭素中毒の防止。
⑦ ほこりなどがフィルターに詰まっていると異常燃焼や不完全燃焼の原因になるため、定期的に清掃や点検をする。

以上、ストーブだけでもこんなに注意が必要なのです。
今日は①~⑦まで、7個の「安全の種」を皆様へ贈りたいと思います。
今週11月9日~15日まで、「秋の火災予防運動」の期間となります。
何事も先、先の備え!では、皆さん気を付けて!


後藤 聡

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

国民的美少女コンテスト!
今日の一言
15年前と現在、そして未来。
プロフェッショナル