どうして君は鍛えない?

耳にしない日はない


ピーポー ピーポー 救急車


救急隊長として出場するぼくは


ヒトのカラダの不思議に


よく出会います


たとえば


80歳で膝を痛めても


しっかりと回復するヒトと


60歳で同じように膝を痛めても


予後に杖を必要とするヒトがいます


カラダの強さは


もちろん個人差がありますが


60歳を過ぎるとどうやら


これまでのカラダへの負担


ではなく


これまでどれだけ鍛えてきたかという


“ 貯金ならぬ貯筋 ” がたいせつ


そんなふうに思います


みなさんは日頃


どんなスポーツや運動をされていますか?


適度にカラダを鍛えつづける


そうした努力が未来


長生きにつながり


そして言うなれば


子や孫 という宝との


幸せな時間が


“ 利子 ・ 利息 ” として


生きている時間に


プラスされるのです


そんなカタチこそ


ヒトの喜びの終着点のように


感じるときが


ヒトのいのちと向き合っていると


あります


日本...


1.3億通りの人生が


ただよう世界


ヒトの人生はヒトそれぞれのモノ


でも


その前提として


利子・利息は


国が平和でかつ平等で


豊かな社会であればこそ


生まれるものです


流れる時間...


日々変わる世界ならば


日々美しく変わる世界であれ


そう、


日々美しく、あれ。



後藤 聡

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

国民的美少女コンテスト!
今日の一言
15年前と現在、そして未来。
プロフェッショナル