父と子の会話

前から読みたかった
『ペンギン・ハイウェイ』(角川書店)
森見登美彦さんの小説をようやく読み始めています。
その中に出てきた
父親と、小学校四年生の息子の会話。



「……待ちぼうけはさびしいもんだ。父さんにも経験があるよ。なんだか、もやもやするだろう?」

「もやもやするね」

「もやもやするのはいやなもんだね」

「……いやだけれどもがまんしなくてはいけないことがあるね、人生には」

「まったく、おまえの言う通りだ」



このシーンがなぜか
じわじわと心の溝に浸食してくるような感じで
残ってしまった。

なんだろう

分析しきれないし
何気ない会話なんだけれど。

細い複雑な形の溝に入り込んで取り除けなくなった、ザラザラした色付きの粉末のように。

コメント

今回も、いい本に出会えて、本当によかったですね。クローバー

私も、今は、これまで買いこんでいた本を読んで、
整理しています。芽

その中で、確かに、心に残る言葉、がありますよね。るんるん

きっと、いつか、人生の何かの局面で、話す機会が
あるのかもしれない、と思いながらも。。。湯のみ

まるみる 2013年07月16日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!
新着 確認中✌🏻✨ I'll check my script!
新着 キラリトギンザ ガールズパーティー2017
新着 道後