『本日は、お日柄もよく』

以前から好きだった
原田マハさんの作品を
最近いろいろ読んでいます。

今回読んだのは

『本日は、お日柄もよく』(徳間書店)

文庫で出版されていて
ずっと気になっていたので
漢方の試験の帰りに
終わった~♪という勢いで買っちゃいました。うふ。


この本を通して初めて知った職業「スピーチライター」

この本では
伝説のスピーチライター
世界の有名なスピーチの話なども出てきて
本なので黙読なんだけれど、
スピーチの声の調子、音量、息遣いまでが感じられそうな熱い作品でした。

言葉によって
相手が、世界が、変わる事もある。
言葉が持つ力と可能性は、無限大なんですよね。

1つ1つの言葉を大切にしたい

相手に対し、
時として大きな力をもつ「言葉」というものを
大切に渡して行きたい

と思わせてくれる作品でもありました。


心の底から出てきた真の言葉は
相手に伝わるんですよね。
胸の奥まで。

相手の心を動かすような何かを生み出すというのは
本当に難しいことだと思います。


自分の心にある
嘘偽りのない言葉に対して
自信を持って、そして大切にしていきたいです。

伝説のスピーチライター久遠久美が大切にしていた言葉

「困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。三時間後の君、涙がとまっている。二十四時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩きだしている。」


私の場合は、三時間が7年で、二十四時間が8年で、二日後が9年になり、三日後が10年だったけれど、
それでも人間はちゃんと、このステップを経て
前に向かって歩くように出来ているんだろうな。


「ほんとうに弱っている人には、誰かがただそばにいて抱きしめるだけで、幾千の言葉の代わりになる。そして、ほんとうに歩き出そうとしている人には、誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになるんだな、って」


どんなに沈み込んでいたって、
言葉と存在によって
背中を押してもらえるチャンスは
たくさんあります。

風をうけとめる帆さえ燃やしてしまわなければ
ちゃんと風が
遠くから吹いて来るんです。

言葉の大切さ、重さを感じるとともに
自分が辛かった時に、本当に親身になって、
心をしっかり支えてくれた人たちがいたことに
改めて感謝したい気持ちになりました。

じーんとする
いい作品だったなあ。

原田マハさんの作品を
他にももっとたくさん読みたくなりました。

ちなみに
前回読んだのは『楽園のカンヴァス』
↓ブログではこちら
http://beamie.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=...

コメント

確かに、言葉で人を動かすのは難しいですが、言葉で
ないと相手を知り得ないのも、また事実です。クローバー

スピーチも、素晴らしい内容でも、話すタイミング、読み
方等で、よくなったり、ダメになったりするので、まるで、
生き物のようです。☆

まるみる 2013年07月16日

こんにちはウッシッシ

今日はお休みですのでまったりしてます。
スピーチライター
アメリカでは一般に知られた職業みたいですね。

有名な所ですと、
オバマ大統領の大統領就任スピーチは当時20代の青年が書き上げたと云われています。

他にもプラハ宣言や最近注目されたベルリン宣言もライターが居そうですねバッド(下向き矢印)

駐日大使にケネディ大統領の長女を指名し、承認される見通しもありますし、ジャパンハンドラーズの出方も含め今後の流れを注目しています。

何時かはワシントンで日本国代表として、世界からNuclear forcesを廃絶する意義について、三世にわたる、生命尊厳の師弟の誓願の観点からスピーチをする事が目標ですね(^_^)v


風は吹いているexclamation×2

そう信じようexclamation×2

炎の人 2013年07月16日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館
新着 お手紙投函と
新着 田丸麻紀さん❤️💕