3分の1『ソロモンの偽証』第1部

『ソロモンの偽証』(新潮社)

宮部みゆきさんの小説。


今回の本屋大賞ノミネート作品でもあります。

第1部を読み終えました。

結構分厚いけれど
これで
まだ3分の1、ってことなんです。
3部作なもので。

まだ第2部と第3部は買っていないのです。

探しに行かなくちゃ~。

一人の男の子の死から
事件が始まるのですが


もうどんどん
いろんなことが複雑になって行くんですよね。

3分の1で
ここまで複雑になってきちゃって
どうなる~!
という感じで第1部が終わるわけです。


第1部を読んでいて

真実って

1つじゃないことも

よくあることなんだよな

って思います。

でも人は、どこかで
真実は1つなのではないかという思い込みの素
真実を探りたいと思って動いてしまうので
余計、真実からどんどん遠ざかってしまう。

いろんな真実があって
それぞれが、本当のことのはずなのに、
どうしても想像上では、それが組み立てられない。

ああ、こうやって
人間関係とか、世の中のこととか
どこかで糸が絡まって、
気が付いたころには
どの糸がどこにあったのか分からないくらい
ぐちゃぐちゃになっちゃうものなんだろうなあ
なんて思ったりもしながら、第1部を振り返っていました。

コメント

おやおや、なかなかの早いもの好きですね。(笑)

ちなみに、今、私は、『レオン氏郷』と、『まりしてん
誾千代姫』を読んでいます。。。芽

まるみる 2013年02月16日

僕の今一番読みたい本ですぴかぴか(新しい)

買ったんで後は読むだけなんですけど、受験が終わったらゆっくり読みたいと思いますほっとした顔

しょん 2013年02月16日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017
新着 自由🐕
新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!