思い出すこと、感覚。脱皮の先に

なんとなく気になって、

とか

特に理由はないけど、ふと思いついて

とか

そんなことが、何かにバッチリ当たっていたり、
これに呼ばれた?なんて思うくらいの偶然があったりすることがあるんです。

だから私はいつも

「わけは知らないけど、なんとなく…」

と心に浮かんだことを
なるべく大切にするようにしています。

その感覚は
いつも頭の斜め上から横、後ろにかけて
すっと通り過ぎて行くような感じで、なんとなく、と思うので
気を付けていないと見逃したりもしそうなのですが、
経験上、この「なんとなく」に付いて行ってみると
うまく物事が運んで行くような気がしています。


自宅で
読み終えた本の中から

なんとなく

『超訳 ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

を手にとって

なんとなく

ぱらっとページを開いたんです。

そしたら
こんなことが書かれたページに当たりました。

「自分は常に新しくなっていく」という章で、

「かつてはこれこそ真実だとおもっていたものが、今では間違いだったと思う。かつてはこれこそ自分の変わらぬ信条だとしていたものが、今では少し違うと思う。」

先日のブログで自分が書いていたことを思い出しました。

その先日のブログはこちら

「眠っている隙に」
http://beamie.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=...


考えが変わって行くこと、
以前思ったことと今は少し違うなと感じることについて
ニーチェはこう続けています。

「それを、自分は若かったとか、浅かったとか、世間知らずだったと断じて葬らないほうがいい。なぜならば、当時の自分にとっては、そう考えたり思ったりすることが必要だったのだから。当時の自分の段階にあっては、それが真実であり信条だったのだ。」


先日の記事では
ピアノをコンクールで演奏することについて
私は当時、証明してくれる何かのために必死だった、そのことを
今は違うと感じている部分もある、という話だったのですが、

当時の自分にとって、必要だったこと、
当時の自分に対しては嘘偽りのない、まっすぐなパワーだったこと、

そういうことを
真っ向否定することは大切じゃなくて

今、思う気持ちは
前とは変ったんだなということを
今の、ありのままの自分の心として受け入れて行くこと
そのことが大切なんだなと思いました。


これはニーチェの『悦ばしき知識』という著書の中に出てくる言葉だそうで、

「人間は常に脱皮していく。常に新しくなっていく。いつも新しい生に向かっている。だから、かつては必要だったものが、今は必要でなくなったにすぎないのだ。」


昔、ザリガニの子を
ほにゃっほにゃの綿ゴミくらいの感じのころから
水槽で育てたことがあったのですが、
脱皮すると
するりと抜けて、皮が目の前に転がってるんですよね。

脱ぎ捨てた皮は
今自分が身にまとっている皮とは
明らかに違う物質になっていて、
目の前に脱ぎ捨てているから、どんな状態だったのか
身に着けていた時よりも、よく見えるんです。離れて観察することが出来る。

それが、今とちょっとだけ違うのか、
ものすごく違うのか、

脱皮したからこそ、分かることもあるはず、という気がします。

それは脱皮してみるまでは気がつかなかったこと。
脱皮する前は第三者が気が付いてくれるのかもしれません。

「だから、自分を批判していくこと、人の批判を聞いていくことは、自分の脱皮をうながすことにもなるのだ。さらなる新しい自分になるために。」


まだ自らの力でぐいっと皮を脱ぎすてられそうにない時は
誰かの意見を聞いてみるのも、いいかもしれないですね。

ずっと前に、誰かに言ってもらっていた事を
言われてから時間が経って、ようやく自分で脱皮出来た時に
はっと気がつくこともあるかもしれません。


そう考えているうちに
私が以前、何かを決める時、選ぶ時に、よく心に抱いていたことを思い出しました。


後悔は、どっちに進んだって、いつかするのかもしれない。
でも、今この瞬間に、自分が信じて決めたことについては
自信をもってあげよう。
後から、違ったなあと思う事なんて、たくさん出てくるかもしれない。
でも、あの時私はしっかり考えて、納得して決めたんだ、と
せめて、あの日の自分の気持ちくらいは、否定しないであげよう。


そう思ってたんです。

今の自分に
過去の自分からのメッセージ。
満月のパワーに乗って、届いたのかもしれないな
なんて思いました。


参考著書:『超訳 ニーチェの言葉』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
     著者:フリードリッヒ・ウィルヘルム・ニーチェ
        (Friedrich Wilhelm Nietzsche)
    日本語訳:白取春彦


・・・ウィルさんは・・・

ニーチェがうんぬんより

お腹の毛を整えるのに
忙しいご様子です。

呼んでもこっちを見てくれませんでした…。
マイペースでリラックスしているお家時間のウィルさんも大好きです。

コメント

なるほどウッシッシ


自分も時として勘らしいのは


ある気がしますウッシッシ


霊感では無く


なんでしょうね(笑)ほっとした顔


不思議ですねウッシッシ

隼人 2012年10月31日

もしかして、その勘のようなものは、お父さんの
ささやき、かもしれませんね。クローバー

いつも大切な娘であるまりりんさんを、傍で守って
いてくれているような、そんな気がしますよ。芽

秋の夜長に、お父さんとの楽しい思い出を、思い
出してみてはどうでしょうか???

まるみる 2012年10月31日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着