背中で語る

どきどき

ドキドキ

ドッキンどっきんドッキンどっきん

ウィルさんと
獣医さんへ。







獣医さんは
やっぱりあんまり好きじゃないみたいで
緊張しているウィルさんです。

いつもは混雑している獣医さんなのですが
時間帯と曜日のせいか
今日は空いていました。ラッキー。
待合室にもだれもいなくて。
シーン…

ウィルさんの心臓の音が聴こえてきそうなくらい
胸に触ると、ばくばくしておりました。







あまりの緊張で熱まで上がって来ちゃったウィルさん。

あれま。

今日は注射はなくて

最近お肌の調子が少し良くないので
みてもらったのです。

シャンプーを、今までのものとはタイプを変えてみることで
ちょっと様子を見てみることになりました。

獣医さんのところにいる看護の人たちは
みんな女性で優しい人ばかり。
ウィルさんは、緊張していて、動けなくなっているだけなのですが、

いつもされるがままなので

あら、おりこうさんですね~

と褒められてしまいます。

迷惑をかけない点では助かりますが、
本人はいっぱいいっぱいです。

私が近づくと
抱っこされたくて
よろよろと診察台から逃げようとするので
(逃げ足も腰が抜けてへにょっているので
すごく遅いのです…)

私はなるべく
離れたところで様子を伺うようにしています。


ちょっとしたことでも
丁寧に診察してくれる獣医さん。
ウィルさんも安心して通えるところなので助かります。


今夜は
緊張したお出かけの後だから

いつも以上に
ぐっすり、ばたんきゅーかなあ。

コメント

たいしたことがなくて、よかったですね。クローバー

動物は、痛い、とか、具合が悪い、とか
言えないので、日頃、よく観察してあげる
ことが大切ですよね。☆

まるみる 2012年10月18日

こんにちわm(_ _)m


表情見ると緊張気味は凄く解りますウッシッシ


ややお疲れではないかと(笑)


お大事に

隼人 2012年10月17日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 田丸麻紀さんの本!
新着
新着
新着 どーこだー