大地 (詩)

空の上に雲を描き、大地の上に花を描く。
夕日を背中に羽ばたく鳥を描く。
雲が白い模様を空に残した。
風が音を奏でていた。
小さな蜂が山を越えて花の蜜を吸っていた。
モンシロチョウが純白な羽根を広げる。
目の前に広がる高原には、ヒカリが満ちていた。
芸術はここから生まれた。
すべての誕生は、ここにある。

始まりと終わりの原点。

そうして人は、描き始めた。
やがて芸術に甘美な欲望を託し、
色を塗り始めた。
愛おしく狂おしい愛や、
ひどく切ない悲しみの色をのせて。

そうして人は、人生に夢を描き始めた。

あの始まりの場所と似た、
美しい景色を見るために。

コメント

Helmutさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
そう思ってくださってとっても嬉しいです。
Helmutさんは、自然が好きなんですね。私もです。
自然が教えてくれたことや、背中を押してくれたこと、
数えきれないほど感謝しています。
そうですよね、知識や技術、勉強では補えないものを
自然は伝えてくれるんですよね。クローバー

 いしがみ ゆりえ 2012年09月17日

こんばんは、悠里江さん。
とっても素敵な詩です!私も良く想う事が
詩の中でとても綺麗に、そして切なく、悲しく、
あたたかく表現されていて感動しました。
北アルプスの自然は、悠里江さんにとても多くの
刺激を与えたんでしょうね。何よりそれを受け取る
悠里江さんの感受性が好きです。
自然が伝え教えるものは、知識や技術、
勉強では補えない大切な感性を磨くものだと思ってます。

Helmut 2012年09月12日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 お知らせ
新着 夏のごはん
念願の‼️
これから読む本