水面〈みなも〉 (詩)

あなたを待つ わたしは水面
通り過ぎたあなたは風
そよそよ、さわさわ
わたしの水面を揺らしながら

あなたを待つ わたしは水面
水の流るる如く 募る想いよ
やがて溢れてしまわぬように

風よどうか拭ってほしい
いまも震える わたしの水面
やがて溢れてしまわぬように

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 お知らせ
新着 夏のごはん
念願の‼️
これから読む本