休日の予定 MMM1000 Vol.7

休日の朝、起きて時計を見ると、予定の時間を大幅に過ぎていました。

予定といっても「休日」ですから、出勤前の支度を始める時間でもなければ、仕事に間に合うぎりぎりの電車の時間でもありません。
あくまで「休日」なのです。どうでもいいと言えばどうでもいい。

ただ前日に、明日の休みは朝からあれしてこれして、ここ行ってあれ買って、
その後、あのカフェでお茶して、晩御飯の買い物もしようか
などと考えているから、「予定の時間を大幅に過ぎた」となるのです。

ここまで考えると、もはや前日に計画を練ったことが罪悪かのように聞こえてきます。
予定がなければ予定には遅れない。
計画がない日に限って朝の5時に目が覚めたりするものなのですが、
それは「予定に遅れた」ことにはならないのです。

とは言え、もともと「休日」に関してはアバウトな考えを持つ私。
休日に「予定に遅れた」と思ったことに対して、
なぜそう考えたのか、分析してみました。
つまりはこういうこと。
前日に、明日は1日時間があるから、
昨日まで出来なかったことをしようと意気込み、
自分でたてた計画をとても楽しみにして、
念入りに下調べなんかをしてしまったのです。
なーんだ、そんなこと。
予定は変更すればよいのです。

そもそもの予定というのが
朝、家を出たら図書館に行って、本を返却。
そのあとウィルの爪がのびてきたので、一緒にお出かけして
出先でトリミングサロンで爪切りをしてもらう。
帰りはウィルと散歩をして、
お腹がすいたら犬連れOKのカフェで休憩。
ウィルの様子をみて、疲れないうちに帰る。

こんな程度のものなのです。
どうにでも変更できるでしょう。

今日は夕方からの雨に降られるかもしれないと思ったのですが
天気が悪かったら、行く先が空いているかもしれないし室内もある。
夜になったらイルミネーションも見られるじゃない。
ものは考えようです。

休日は、とにかくお気楽にがモットー。

毎日がお気楽だと困ることもありますが、
休日くらいはきっちり感を外してみるのも
次の頑張る力につがなる気がします。

「あーあ」と思うことがあっても
「ま、いっか」と切り替える。

この「ま、いっか」を増やすのが
私的休日のリフレッシュ方法です。

膝の上に猫のように丸まっているウィルを撫でながら
「爪切りの予定には変更はないからねー」とほほ笑んでいる私。
ウィルの方は「あーあ」という顔です。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン