映画「50/50 フィフティ・フィフティ」50/50

アメリカ映画「50/50 フィフティ・フィフティ」という作品を観ました。

'10年に1本の傑作コメディ'だと思っている「スーパーバッド」のクリエイターによるハートウォーミングコメディ。

こちらですが。

ガンと闘う主人公を同情タップリに描いている…。という作品ではありません。あくまで「ガン」と闘うのは軸にありますが、悲観的にならず「笑い」で話しが展開していくのです。主人公とその親友の'露骨'な会話が、正に作品の'目的を担って'いる感じ。

ワタシ的'美魔女'的?なコメント
としては…

女は「次が居れば簡単に乗り換える生き物」

である。

そして「'愛'と'同情'を使い分ける傾向にあり。」

こちらの作品、かなーりオススメです。


藤井まゆみ 「 50/50 フィフティ・フィフティ」評価 5

今日はここまで〜。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

映画「ウィンターズ・ボーン」 Winter’s Bone
映画「トワイライトサーガ: ブレイキング・ドーンPart1」
映画「50/50 フィフティ・フィフティ」50/50
映画「ジャックとジル」 Jack and Jill