七夕(詩)

昨夜は七夕。
皆さんの日記を読んでいたら、お願い事をした方が多いようですね。
街で見かけた、いくつもの短冊。願い事。
天に届くことだと思います。

私は七月七日の夜はいつも、目を閉じて静かに祈ります。

―――――――

七夕の夜深く、
天に馳せた願いは輝く星となり
瞬く星の群れたちは
ふたりの愛を祝福する。

―――――――

再会。ふたりは、ようやく逢える
星たちの輝く川のそばで。

―――――――

七夕。止まない雨は、うれし涙か。
雲が遮るは、こっそり逢うため。

―――――――

思い馳せる 七夕の夜、
あの人に 逢いたいと。

―――――――

恋しかろう 逢いたかろう、年に一度、たった一度。

―――――――


七夕って素敵です。
たくさんの詩を書いてみたり。
皆の願い、叶いますように。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 観劇「GOLIATH〜ゴリアテ〜」
最近みた映画。
山と溪谷
山の日【山と溪谷 9月号】