育み

子供と過ごす日々は、考えさせられる事が多々あります。

社会で生活して行く上でのルールやマナーはきちんと教えていかなくてはいけないものですが、私達もきっとそうだったように、子供の時は教えてもキチンと守れる時があったり、出来ない時があったりで、そういう事を繰り返して成長していくものだと思います。

ある時電車に乗り込む小学生の子供達に向かい、うるさいと本気で怒る大人がいました。確かに大きな声でおしゃべりをしながら入って来ましたが、とても楽しそうな光景にも見えました。
ある時小さい子供がバスから降りる時に自分で降りようとしてもたついたとき、運転手さんがしびれをきらしたのかドアを閉めてしまったことがありました。

『ゆとり』のある気持ちで社会全体が子育てに望む大切さ。
子連れの親御さんは気を付けてはいても、周りの方に不愉快な思いをさせてしまっているかもしれません。
そういった場合、ぜひともゆとりの気持ちを持って見守ってほしい。
もしくはご指導願いたい。
そんなふうに思います。

コメント

子どもができるとほんと考えさせられることって
多々ありますね。同感です。
バスは大変でしたね冷や汗2
なかなか難しいですが「ゆとり」って重要ですね~っがまん顔
自分も周囲への配慮を忘れてはいけないと改めて思いました。

はし 2012年06月06日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

お知らせ
お弁当♪
七五三のお写真
鞄の中にはいつも。。。