本の一期一会

世の中にはたくさんの本があって

その中からぴんとくるものに出会える確率は
とても小さな数字になるかもしれないと、思うことがあります。

書店や図書館にある
膨大な数の本が並ぶ棚から
これ

と思うものを見つけるのは、その時にしかない出会いだったりするんだよなあって思うんです。

まあいっか
また次にしよう

そう思うと
次に探してもなかなか出会えなくて
あの時、選んで手に取ればよかった
と後悔することも多いんです。

本は存在するし、
逃げるものでも生もので消費期限があるものでもないのに。

何か出会える時にしか出会えない特別な力みたいなものを感じることがあります。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン