『失われた町』

以前読んだ『となり町戦争』という小説。
その非日常なのに日常のような、でもやっぱり現実的ではないような
不思議な世界が面白かったので
同じ作家さんの別の作品を読んでみました。

『失われた町』(集英社)
三崎亜記さんの小説です。

一見、いつもと変わらない
ありきたりな日常のように見えるのに
実は特定の場所では、とんでもないことが進んでいた
という
独特の不思議な世界は『となり町戦争』の時に感じた雰囲気にも似ていて
今回もその世界に引き込まれて一気に読んでしまいました。

今回のストーリーは
30年に一度だけ
とある町から住民、生き物が全て一瞬にして消えてしまうという
町の「消滅」の物語。

国家や研究者たちは
消滅がいつどこで起きるのかまではつきとめることが出来たが
誰にもその消滅を止めることができない。

そして町にはまるで、
意思があるかのように
人間の思考を大きく支配していく。

一瞬にして消えてしまった月ヶ瀬の町。
その町に愛する人がいた人、
偶然にも自分だけ消滅せずに残された人、
なんとかして消滅の手を逃れようとし、食い止める方法を見付けようとした人、

月ヶ瀬の消滅にまつわる7つのエピソードが語られます。

一番最後まで読んでから
もう一度最初に戻って
「プロローグ、そしてエピローグ」を読んでみたら

おおっ!びっくり!

いろいろ
繋がる、繋がる。

さらに
一番最後の「エピローグ、そしてプロローグ」は
逆に月ヶ瀬が消滅する前のことが描かれています。

いつかは消えてしまうもの。

それを目の前にしたり、
自分自身にふりかかるものとして考えた時に
人はどうするのか。

いろいろな気持ちが交錯して
三崎亜記さんが作りだす不思議な世界に
浸りっきりになれる作品です。

題材だけ見ていると
恐怖のパニック映画のようにも感じられますが
そうではなくて
個人の心の中の微妙な揺れ動きとか、
複雑な気持ちからの向き合い方のようなものを
ある部分では淡々と
三崎さんが作る空気感の中で
流れ行く作品。

他の小説も読みたくなりました。

コメント

この小説は、映像化されると面白そうですね。

しかし、映像にするのは、いろいろと難しいかも
しれませんが、、、。

まるみる 2012年05月24日

麻里ちゃんが読んで面白かったミステリー小説って他におすすめありますか?ミステリーじゃなくてもいいんですが引き込まれていっきに読み終えそうな感じのがいいです。あったら参考にしたいんでおしえてください

さかみょー 2012年05月24日

麻里ちゃんこんにちは

いつも読書したりいろんな勉強したり美容と健康に良い体つくりを努力したりすごいですよね
自分も読書に興味があるんですけど本屋にいくと本がたくさんありすぎてどれを買っていいか困るんで結局なにも買わないです
こうやって読んだ本のことを書いてくれると次に本屋にいったときに本を選びやすくなるのでうれしいです。
これからも読書した本のことたくさん書いてほしいです。

さかみょー 2012年05月24日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ぼだっこ?!
新着 📙『江の島ねこもり食堂』🐾🐱
新着 8月なのに涼し過ぎるぞ
新着 ローリエ