『まひるの月を追いかけて』

作者名で本を探してしまう作家さんのうちの一人

恩田陸さんの小説を読み終えました。

『まひるの月を追いかけて』(文藝春秋)

恩田さんの作品は
いつもスピード感があったり、展開に強い惹きつける力を感じたりして
ぐいぐい読んでしまうのですが、

今回の作品は
ほんわりふんわりした感じ。

話の展開の軸が
古都をゆったり旅する話だからなのかもしれませんが。

全体を読み終えてからだと、
相手のことをよく知らないと気がつくのにも時間がかかったり、
気がついたとしても、そこから知るには更に時間がかかったり。

そこで流れる時間や知りたいことは、じれったいくらい、ゆっくりと進んで、見えていく。

今回の作品は前に読んだことのある作品に比べて、あんまり引き込まれる感はないなあ
なんて思っていたんですが、

読み終えてみると
登場人物たちの、じりじりとした心に、がっちりと噛みつかれていて、
本を閉じてからじわじわと惹かれる、そんな作品だったと思います。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017
新着 自由🐕
新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!