GWと親友

GWは皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私は昨日今日と親友と一緒に過ごし、離れていた時間を埋めるように他愛のないお互いの日常について語り、夢について語り合いました。

私たちの話題が尽きることはなく、2人の大切な時間に花が咲きました。
私が地元からひとりでそっと離れたとき
“私は東京に遊びに行くんじゃない。修行に行くの”と言ったことが凄くインパクトが強かったようで、未だに彼女には笑われます。(笑)
離れていても「悠里江なら大丈夫。悠里は修行の如く頑張ってるだろうね。」と見えないところでも私をよく知っていてくれて、よく見てくれています。
そしてこの日も私に笑顔と癒しをくれて、励ましと勇気とかけがえのない彼女の存在を私の心に残してくれました。
私たちは中学生の頃から同じ夢を追い続け、確実に前進しながらまっすぐに生きています。
彼女は私の誇りです。
お互いが自分自身のもっている力や本質を信じているし、これからも必ず望むものを掴める力があるということ、
そしてお互いの性格を知っているからこそ、頑張り続けることができる。そうでなくても、何らかの最善の道を見つけられる。そしてどんな道を選んだとしてもたとえ傷つくことがあってもそれを糧にすることができる柔軟さと寛容な心があり、乗り越えることができる強い心をもっているのだと、そう思えるから安心できるんです。「大丈夫だよ」と。
それぞれの未来と本質的な部分を「信頼」しているからなんですよね。
それに私の親友は、天真爛漫でチャーミングで素直で可愛くて。私の大切な、大好きな子です。

話は変わって今日は、表参道ヒルズに清川あさみさんの作品展を見に行きました。
写真は大きなケーキの前で。
私は以前から清川さんの写真集や広告、媒体などで作品を何度か見たことがありますが、実物が見れるということで行ってみました。
グラフィックデザイン、CG、刺繍を融合された作品は美女の写真を採集し、清川さんの手によって未知の美しい生命体として飾られた標本のよう。
生きているもの=イコール生命の象徴を、清川さんが手を加え、人工で作為的な質感を取り入れる。しかしそれは、生きているものの呼吸を掻き消すものではなく、新たな命を宿した新しい生命体との結合のように見えてくる。
アートグラフィックというバーチャルで、異次元な感覚ですが、写真のようで、絵のようで、また細やかで繊細な刺繍にあたたかみのある清川さんの心のこもった手作りでオリジナリティーの溢れる作品たちでした。
鮮やかで、繊細で、モデルとなっているアーティストの個性が引き出され、調和し、楽しめました。
私は外人モデルに独創的なアートが装飾された、不可思議な雰囲気で感覚的に私の好きなデザインのポストカードを二枚購入しました。
とても充実した日でした。
親友の存在に感謝です。いつもありがとう~~~~!!

コメント

まるみるさんへ
いつもコメントありがとうございます。
はい!親友の存在にはいつも救われています。
癒しや笑顔をくれて、お互いを理解していて
離れていても変わることのない存在です。
はいっずっと仲良くいます♪
ありがとうございます。
親友との記事はブログで度々アップすると思います(*^_^*)笑

 いしがみ ゆりえ 2012年08月26日

お友達は、かけがえのない存在だと思うので、
これからも折に触れ、連絡をとりつつ、いつまでも
仲よく、ね。☆

まるみる 2012年05月04日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 観劇「GOLIATH〜ゴリアテ〜」
最近みた映画。
山と溪谷
山の日【山と溪谷 9月号】