ミリタリー部門

日本ではあまり展示されることのないもの
といえば
やっぱりアメリカ。ミリタリー部門です。

日本のダイバーにもおなじみのメーカーさんも
ミリタリー部門を持っている会社もあって
いろいろな、普段は見られないものを
DEMAでは見ることができます。

たとえば
アクアラングさん。

日本の展示会、ダイビングフェスティバルでは
ブルークエストさんが毎年器材展示をしていますが
その中でちらっとみたことがある人もいるのではないでしょうか。

写真のように
普通の器材と同じブースで飾られています。

写真は撮れなかったのですが、
BCジャケットのようなもので
たくさんフックをひっかけられるような場所が
ジャケット中についているものもありました。
ベースとなるジャケットを着たら
あとはその日に必要なものを必要な場所に
自分で選んで装着できるようになっているんです。

必要なものだけをシンプルに装着できるっていうのが
美しいですね。

他にはスクーター部門。

日本でも水中スクーター、水中ビークルは
レジャーダイバーの間でも知られていると思いますが、
これのミリタリー用のものもあるんです。

去年のDEMAでも展示されていて
そのすごさに驚いたのですが、
今年もありましたね。

スティッドさんの、
これはもはや

水中移動の車…。

中に乗りこんで
猛烈なスピードで移動します。
ちゃんと目的地を見失わないように
モニターなども完備されていて
ぴゅーっと二人乗りで移動出来ちゃうのです。

移動中に頭を上に覗かせたら
いろいろ吹っ飛んで行きそう…。

コメント

そう言えば 某テレビ番組で紹介されてたけど 水中で会話が出来る装置が来年あたりに市販されるみたいだよね

光を利用して 水中で交信して ちゃんと会話ができるみたい

なみへいオヤジ 2010年11月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン