2011年3月11 日東日本大震災から1 年

今日で東日本大震災から1年が経ちました。


菊次郎とさきの稽古中でしたが、スタッフキャスト全員で東北の方向を向き黙祷をしました。



あの日を思い出すと本当に胸が痛みます。



私は大学生のとき方言を専攻していたので、福島県の金山町という地域に毎年訪れていました。


縁もゆかりもない私たちを温かく迎え入れて頂き、研究にご協力をしていただいた上に、たくさんのおもてなしをしていただきました。

孫みたいで本当に嬉しいよ
またおいでね



皆さん口を揃えておっしゃっていただきました。


あたたかい心に魅了され、大好きな街です。私にとって福島は第二の故郷のような存在です。




もう1年。まだ1年。


皆様はどう思われますか?



私はまた1つ大きな国になった気がします。
でも、平和な日常を取り戻している東京はあの日に感じたこと、学んだことを忘れていないのか


そんな不安な気持ちも私はあります。




地震、津波や原発事故で被災され、もとの生活を取り戻せていない方々、がれきが残ったままの地域、そしてご家族が行方不明のまま1年が経ってしまったと思われる方もたくさんいらっしゃると思います。


しかし、たった1年でここまで復興できたこと、多くのみなさんの笑顔を取り戻せたことは本当に日本というすばらしい国だからこそ出来たことです。


日本人の絆の強さ、人を労り、癒し、慰めるすばらしく美しい心の結晶がこの復興を成し遂げました。


これからもあの震災を忘れません。私が出来ることは、1人の人間、女優として、1人でも多くの方が笑顔を取り戻し、絶望や孤独から救える勇気と希望を与えていければと思っております。



作品を通して伝えられるメッセージを大切に、日々感謝の気持ちを忘れずに女優として精進していきます。




豊かな時代だからこそ、今の生活に対しての感謝を忘れない。
そして、手を取り合い、支え合ってこれからも復興への道を共に歩んでいきましょう。



東日本大震災で亡くなられた方々へ心からご冥福をお祈り申し上げます。


被災された方々、まだ時間はかかりますが共に復興へ歩んでいきましょう。



愛を込めて。
佐藤 詩子

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ミステリーナイト2014
御無沙汰しています(^ν^)
麻亜矢姫の舞台
千秋楽