『人間はどこから来たのか、どこへ行くのか』

先日読み終えた本。

『人間はどこから来たのか、どこへ行くのか』(角川書店)
高間大介さんが書かれたノンフィクションで
高間さんはNHK取材班の方です。
最近ちょうど、人間をテーマにした番組も放送されていましたが、
この本は、2008年から2009年までに放送された
「サイエンスZERO『シリーズ ヒトの謎に迫る』」
という番組を元にして書かれたもの。
番組放送は全12回で一年間に渡るものでしたが、
本は10章で、
人間とは何か?と考える時の様々な切り口ごとにまとめられていて、読みやすいです。

タイトルだけを見ると
ちょっと難しそう?とも思いますが、
丁寧に、分かりやすい言葉で書かれていて、
とにかく面白い!

そういう見方もあるのか~とか。
読めば読むほど、
人間ってどういう道を辿ってきたのか、
不思議で仕方がなくて、またそれがワクワクするような感じもして。

DNAや過去の遺物の分析はもちろん、
心理学やロボット、アンドロイドの話まで
いろいろな視点から人間に迫って行くんです。

それぞれの分野のスペシャリストが
人間の定義
を語るのも面白いですね。

古人骨DNA解析などをしている篠田さんは
「ヒトとは過去と未来を考える動物である」

と言い、
実験心理学を専門として表情の研究などをしている金沢さんは
「深読みする霊長類である」
と定義しています。

社会心理学者である山岸さんは
「協力しあうサルである」と言い、
認識、意思決定などに関する脳内メカニズムを研究する田中さんは
「ヒトとは自分を訓練する存在である」
と。

どれも、納得させられるのですが、
微妙に相反する部分があるような気がしたり、
絶妙にすれ違っている部分もあるような気がしたり。

難しい。
でも面白い。

表情の話の中で
丸い円の中に
3つの小さな四角があり、
上の2つの□が横並びに、
その中央下部分に1つの□を置くと
顔のように見える
という話があったのですが、
ここでは赤ちゃんでも無意識に顔を探しているという話。
そこから
顔と顔を合わせて表情を見ながらコミュニケーションしようとしているという話に進みます。

そこで思ったのは
メールなどの絵文字について。

以前、モデルの友達が
「絵文字をたくさん使わないと怒ってるの?って思われないか不安になる」
と言っていたことを思い出しました。

なるほど。

顔を見てコミュニケーションがとれないメールだから
その代用としてもしかしたら絵文字や顔文字が登場している
という考え方もできるのかもしれませんね。
あくまでもある一側面からの考察ですけれど。

人間とは何か、というのは本当に難しいテーマであり、
これから先、いろいろな分野の研究者が
それぞれの角度から
アプローチし続けて行くことなんだろうなという気がしました。


コメント

パスカルのあの名言を思い出しますね。

ずっと以前からこうした問題については、広範な分野で様々な考察が加えられて来たと思いますが、物事の本質を見失ってしまうと、議論が本末転倒、枝葉末節になってしまう危険を孕んでいます。

なーんて小難しいことはともかく、興味深いテーマですね。

ところで、星新一さんの「進化したサルたち」と言う本はお読みになったことはございますか?

未読でしたら、お勧めします。

( ̄▽ ̄)

レディオヘッド 2012年03月02日

改めて、人とは本当に不思議な生き物だと思います。。。

親子でも、顔や考え方も違うし、二つとして同じ人が
いないというのも驚きですよね。

また、仮に、クローン化しても、意思までは引き継げ
ないとのことで、こんなところからも、人は、ひとり
ひとりが、かけがえのない存在なのだなぁ、と思い
ます。

そして、世に生きていることに感謝し、また、世の中
が良くなるために、少しでも私の才が役に立てば、
といつも思っています。

まるみる 2012年03月01日

こんばんは!
とても難しそうな本ですが、面白いですね。
立場によって随分見方もかわるから、
いろんな立場の人の話しを聞かないといけない
事がわかりますね。

メールの話しは確かにそうかもしれませんね。
自分は昔、電話でも顔の見えない中での難しさ
を感じてましたよ。
当時よく彼女と電話で喧嘩したものですよ。
今は嫁さんですがね。

Lutz 2012年03月01日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 面会🐶
新着 夏のハガキ
新着 『夜の木』
JFマリンバンク全国大会 浜の応援隊🐟