ぽこちゃん修理

以前、このブログにも登場した
ぽこちゃん

白いクマのぬいぐるみ。
ストラップとチェーンが付いている
小さな子です。


この子の

手が

とれちゃったのです~





縫い目がほつれちゃったみたいで

カバンの中からコロンと出てきた時に
手が…手が~~~~

ということで今日は
ぽこちゃんの修理をいたしました。

縫い縫い縫い縫い…






もともと
小さなものを縫うのも好きなので
楽しく修理しましたよ。

こんな感じのぬいぐるみには
肩の部分の外側に
ボタンが付いているタイプもありますよね。

そうすると、腕を貫通させるようにして縫うこともできるのですが、
ポコちゃんの場合は
腕のところには
外側には何も縫いつけられていないので
内側だけを縫って行く感じ。

縫う場所を確認しながら
ひと針ずつ丁寧に縫いつけて行きました。

完成したら

ちょっと嬉しいね。

治ってよかった♪





中学校の頃
かわいいクマのぬいぐるみを作りたくて
簡単な型紙から、布を切り取って挑戦したのですが、
顔の部分がすごく難しかったのを思い出しました。

顔の形はそれぞれの型紙にもよりますが、
微妙なカーブを描いているパーツが多くて、
そのカーブの部分の縫い方によって
その子のかわいらしさが変わってきちゃうんですよね。

中に綿をつめる時にも
そのつめ方によって、
表情が変わってきたりもして。

そういえば
ぬいぐるみ屋さんで
その場で綿詰めをしてくれるお店があると
かなり前にですが、聞いたことがあるような…。

微妙なふくらみとか
硬さとか、
ちょっとした角度で表情がぐっと違ってくるぬいぐるみ。
うーん、なかなか奥が深いですね。

以前ティディーベアだけを集めた本を見たことがあったのですが、
全部クマちゃんなんですけれど
本当にそれぞれ違うんですよね。
素材や、飾りが違うのはもちろんなんですが、
顔の雰囲気が、違う。

人形やぬいぐるみって
作っている人の顔に似てくる
とも言われていますが、
ティディーベアもそうなんでしょうか。

かなり昔に作られたベアーで
価値が高騰しているようなレアものもあると思いますが、
それらも全て
最初は誰かに
丁寧に愛情をこめて縫われていた子なんですよね。


あ…

ぽこちゃんのことばかりやっていたら
うちのウィルちゃんが
いじけてしまいました…

そしていじけた状態のまま
目を半分開けたままで寝ています…ちょっとこわい






これからたっぷり撫でてあげなくちゃ。

コメント

治って良かった!(^_^)v
ウィルちゃんも、元気出してね(^。^;)

ポン 2012年02月28日

確かに、ウィル君、やきもち焼いているぞぉ、の
顔ですね。(笑)

でも、くまさんのことをお話ししてあげると、許して
くれると思うよ。。。

まるみる 2012年02月27日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館
新着 お手紙投函と
新着 田丸麻紀さん❤️💕