楽しさの体験




 


 


 


みなさん、こんにちは。


インフルエンザは大丈夫ですか?


流行っているようなので気をつけてくださいね。


 


 


 


先日参加させてもらった「ごかんたいそう」、本当にいい経験ができました。


ただ遊ぶのではなく、楽しさの体験をさせてもらいました。


 


楽しさの体験、、、これは、子育てアドバイザーのお勉強をした時に出てきたお話なんです。


実際に体験して、


 


「これなんだ!」


 


と思う事が出来ました。


 


 


でも、ただ「楽しさの体験」と言われても分からないですよね。。。


私は考え込んでしまいました。


 


「楽しさの体験」とは、


自然の中に身を任せ、自然を相手に体を動かし、自由に好きなように遊び、ゆったりした時間の中で偶然に面白いものを発見し、自分のやりたいようにやってみて満足し、だんだん夢中になる遊びを通していく体験から身につくそうです。


 


計算も、時間も、目的も、競争も、成功も、失敗も、評価も、効率も、人に叱られることも何もなく、自由い遊ぶこと、、、、ただ一つ「おもしろい」だけのことなんだそうです。


 


 


子供にとって、やりたいようにやるのはとても大切な事だと感じました。


さまざまなことが満足しているようにみえました。


 


私たち大人も、時間など制限のある中での行動はあせったり、リラックスして過ごすことは難しいですよね。


 


自然の中で、いっぱいあそんで、自然から様々なことを教えてもらえるのは貴重な体験になりますよね。


 


まだ寒いですが、春になったらいっぱいいっぱい自然の中で遊びたいなぁとおもっています。


 


 


 


みなさんはどんな風にお子さんと自然と一緒に遊んでいるんですか?


教えてくださいね。


 


 


奈々子


 


コメント

楽しさ、面白さを知れば上達が早いですね。

論語の一節に
「これを知る者は、これを好む者に如かず。
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。」
とあります。

やす 2012年01月31日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

Barefoot
夏の飲み物
いきものパズル
ハイキング