愛と孤独の芸術家『サガンという生き方』

去年あたりから
エッセイの他に
伝記のジャンルにも興味を持って読書するようになりました。

ご自身が書かれた自伝の他に、
もう亡くなってしまった方について
その方が残したものを元にしながら分析し、書かれた作品など。

どれもいろいろな角度から
芸術作品や、その方を見ることができて
様々な考え方に触れることが出来るので、とても面白いです。

以前、ビーアミーのブログで
『ココ・シャネルという生き方』という本について書いたことがあったのですが、
その時と同じ著者の方が今度は世界的に有名な作家、フランソワーズ・サガンについて書いた本を見付けたので読んでみました。
一気に読み切ってしまうくらい、面白くて
小説作品のように引きこまれてしまいました。

『サガンという生き方』(新人物往来社)
山口路子さんが書かれています。

代表作は彼女が18歳の時にパリのアパルトマンで
小さな青いノートにわずか6週間で書いたという小説

『悲しみよ こんにちは』

作品名だけなら聞いたことがある、という方も多いでしょうか。

サガンは生涯にわたり
恋愛、愛情を基盤とした作品を書き続け
彼女の心の中には、愛と孤独が常に渦巻いていたのだということを
山口さんが書かれたこの本から感じました。


「フランソワーズ・サガンの生涯のテーマは、人間の真の姿の追求にあった。」という山口さん。

サガンの言葉は
「個人的に私がいちばん重要だと思うのは優しさです。本当に知性を試す基準になるのです。」

と…。



山口さんはサガンの上品さ、知性について

「知性とは何か。それはサガンが作品のなかで言うように、物事を多様な角度から見ることができる能力なのだろう。そしてそれは「優しさ」に続いている。」

と述べています。

サガン自身が思う優しさについては、
「優しさのない人は相手ができないことを求める人です。」

うん…
と、深い息とともに読んでしまいました。


孤独を恐れていて弱い部分がいつも隣にあるように見えながらも、

「人はけっして目標に到達しない。そして私は自分がしたいことの半分、その坂道の中腹、いや千分の一までしか到達できない。」

という、強烈な向上心も伺える、
脆くて、でも強いサガン。


サガン作品のテーマでもある愛については

「愛とは、あなたにどんなことが起ころうとも、相手に「あ、このことを話してあげよう」とか、「一緒に連れてくればよかった」と思えることです。」

「幸せな愛とは、仕事をして疲れ、へとへとになり、やりきれない一日だ、と思って帰宅した時、その一日を話したくなるような何とも言えないまなざしに出迎えられることです。」

とも言っています。

愛と、孤独と、優しさのサガン。
自分を見つめ、信念を持ち、
進んで行く芯の強さを持ち合せた女性。

優しく強い女性は、かっこいいですね。

彼女はその全体から出てくるものから
発信する何かを持っていると写真を見ても感じました。
作家という限定された枠を超えて、芸術家という広い範囲に及ぶ呼び方が
相応しいような気もしてしまいます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメントのお返事です。

ゴンゴンさんへ
いつもありがとうございます。
人生、考えれば考えるほど
頭の中がぐるぐるになって余計分からなくなることってありますよね。
今考えるべきことだけ考えて、考えても何も進まなそうなものは
悩んでも時間が無駄ならばっさり切り捨てて、進まなくちゃって思うこともありますね。
なかなか難しいけれど、自分を信じてあげて選んでいけたらいいなって思います。


慎二さんへ
いつもありがとうございます。
いろんなことを振り返ると、もしかして違った道もあったのかも
なんて思うこともありますよね。
でも今やっていることを変えたとしても、それはこれまでやってきたことがあったからこそ、変えること、変えようと思うことができたのかもしれないし、
まわり道をしたようで実はまわり道じゃなかったりもするのかもしれないし、
むずかしいですね~。
私は秋田県で小さい頃を過ごしていたので、日本海に沈む夕日が大好きでした。
今は太平洋側に来ているので、海に太陽は沈まないのですが、
やっぱり夕焼けの時の海の色は大好きです。
日本海側の夕焼けとはまた違ったほんわかした色になるので、
力強さよりもロマンチックな情景になりますね。


キャプテンシューさんへ
いつもありがとうございます。
一番最後に、「いい人生だったな~」って私も思いたいです。
その最後の時にならなければ分からないことが大部分かもしれないなと
思うこともあります。
毎日を後悔しないように全力で駆け抜けるのみでしょうか。
明日からも楽しく頑張ろうっていう気持ちになってきます。


まるみるさんへ
いつもありがとうございます。
どこから行っても同じ場所を通ることもあるだろうし、
ちょっと曲がったことで絶対に通らなくなる場所もあるだろうし。
人生って不思議で面白いですよね。
先のことを考えて、私はその通りになった試しがないので、
先を考え過ぎて心配するのはやめるようになりました。
毎日全力でやりきって、今できることをやるしかないんだなあ~なんて思ったりもします。
雲の上から見える夕焼けや朝日の景色もすごくステキで、
夢の世界のようですよね、私も飛行機から見える景色、好きです。
私もタリーズコーヒージャパンの起業物語は以前から読みたかったのですが、
図書館でも人気で貸出予約人数も多くて…今回文庫になったものを書店で見付けて、
衝動買いしてしまいました。読んで良かったなあ~という本でしたね。


温雪さんへ
いつもありがとうございます。
そうですね、1歩によって結果まで直結するわけではないこと、多いですよね。
違ったなあと思ったら、やり直せばいいんだし、
違ったなあと思うことができたのは、やってみたからなわけなんだし。
毎日が選択の連続ですね。
「赤毛のアン」に出てくる「明日はまだ失敗のない一日」っていう言葉も好きで、
今からどういう方向にもなることができる、まっさらな未来が
ずーっと続いているんだと思えば、希望をもっていろんなことに取り組めるような気がしてきます。


シュウさんへ
いつもありがとうございます。
西伊豆の松崎町ですか!ダイビングに静岡まで行った時に何度か通ったことがあります。
いいなって思う者が一緒っていうの、なんかいいですよね。
素敵な写真をありがとうございます♪


ヒビキさんへ
いつもありがとうございます。
夕暮れのグラデーションも好きですが
朝のグラデーションもまた違った色になっていて素敵ですね。
富士山が見えるところで空の色が綺麗に染まっているのも
美しいだろうな~富士山がシルエットになって。
東北で育ったので、富士山を実際に見たのは東京に来てから。
新幹線の中から初めて見たときには、外国人観光客の方並みに
おおーっと感動しちゃいました。


タクシードライバーさんへ
いつもありがとうございます。
淡い空気感というのは確かに日本画にて表現されているような
繊細さが感じられますよね。
もうすぐ一番星が見えるかな?という頃ですね。
ウィルも一緒に行っていましたが、
以前一度、私が海の写真を撮っていたらいつの間にかウィルが海水に濡れてたことがあって焦りました。
やんちゃなウィルはしっかり見てないと、何をしてくれるか分かりません(笑)


マツモトさんへ
いつもありがとうございます。
日本は冬がいろんなところが澄み切っているんですよね。
空気も澄み切っているから遠くからでも富士山が綺麗に見えることもあるし、
海の中も透明度がぐんと上がって、夏に見る日本の海よりもずっとキレイになるのだとか。
私は日本の冬の海は、まだ沖縄しか入ったことがないのですが、
寒ささえ我慢できれば伊豆あたりでも夏より透明度の条件がかなりよいダイビングが楽しめるのだそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スイーツプロジェクト
ロールケーキやホールケーキを絶賛発売中!

手書きのハートマークが可愛い
大麦から作られたロールケーキ『恋夏ロール』は
チョコレートが苦手な方へのバレンタインにもぴったり♪

他にもモンブランやチーズケーキなど
豊富なラインナップです。

ビーアミー × スイーツプロジェクト

パソコンからアクセスされる方はこちら↓
http://www.syokutan.jp/beamiesweets/index.html


携帯からアクセスされる方のためのQRコードはこちら





スマートフォンからアクセスされる方のためのQRコードはこちら




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントの書き込みがビーアミーに登録していない方も
ご参加いただけるようになりました。
コメントの承認アップは従来のシステム通りですので、投降後の反映まで時間がかかることがございますがご了承下さい。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
携帯からゲームが楽しめる
モバゲーにて
『芸能人オーナーズクラブ』が始まりました。
私も参加させていただいています。

どんなゲームなの?という方はこちらをどうぞ↓
http://neproit.heteml.jp/oscar_game/

ゲームへのアクセスはこちら↓
http://pf.mbga.jp/12007341
(フューチャーフォンサイトです)


QRコードにてアクセスされる方はこちら





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お手紙等の宛先はこちら
〒150‐0001
東京都渋谷区神宮前4-3-15東京セントラル表参道ビル
㈱オスカープロモーション
モデル本部・鈴木麻里宛

コメント

立ち寄って、何も書かないのは気持ち悪いので、足跡代わりに・・・

良い本を紹介頂きありがとうございます。
懐かしい名前、ココ・シャネル、フランソワーズ・サガン。

私は、両方とも読んでいませんが、読んでみたくなりました。
シャネルは、懐かしさゆえ。

サガンという名前も懐かしく、

「愛とは、あなたにどんなことが起ころうとも、相手に「あ、このことを話してあげよう」とか、「一緒に連れてくればよかった」と思えることです。」

「幸せな愛とは、仕事をして疲れ、へとへとになり、やりきれない一日だ、と思って帰宅した時、その一日を話したくなるような何とも言えないまなざしに出迎えられることです。」

紹介してくれた5行は、現代人が見失った純愛の基準の様な気がします。

見失ったと言う意味は、物、金も大切だけど、単純に「あなたのそばに居たい。」
と言う気持ち、物質文化と対極に有るものでしょう。

マドンナがマテリアルガールで歌った様な現代は仕方ありませんが、10,000kmの
6年の遠距離恋愛に、この間、終わりを迎えた僕には、何だったのか、見つめ直す答えが書いてあるかも知れません。

mac7070 2012年01月19日

今日のタイトルを見て、まりさんの新しいキャッチ
フレーズ???これからこの路線で売り出すのかなぁ
。。。と早とちりした私です。(笑)

確かに、優しさとはどんなことを指すのだろう、と
思うことがありますね。たまに。
また、優しさとは、相手があっての思いのような
気がします。
なかなか奥が深く、難しいですね。

○素敵なコメ返、いつもありがとうございます。
  まりさんのコメ返は、仕事で疲れた心の一服の
  清涼剤になっていますよ。

まるみる 2012年01月18日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017
新着 自由🐕
新着 この秋ハマった紅茶 ☕️ tea time!