魅力とセンス

海癒さんの魅力についても
今回はたっぷりと語っていただきました。

温泉は薪でわかしていること。
廃材などを利用した無料の薪を使って、
朝、火を入れるというのが習慣で、1時間に1回、薪をくべているとか。
温泉のお湯には塩素は使わず、循環もさせないというこだわりだそうです。

日本の法律では25度以上の温度があれば
塩素がたっぷり入ったプールのような水でも温泉になるのだそうです。
温度が基準なんですね。

宿は部屋ごとに様々なテーマがあって、
テラコッタデザインの床や、白い部屋、
寝ながら月が見られるお部屋など、
それぞれ素敵なリゾート空間のような
ゆったりとした感じを写真から受けました。

自炊もできて、長期滞在をしてもらいたいと考えているそうです。

家具は岡田さんがバリのホテルで働いていた時に買い集めて、
日本への帰りに持ち帰ったものも置いているようで、
どことなくバリっぽい風も感じられる雰囲気。

最後の質疑応答コーナーでは

そんな素敵なお部屋のセンスはどこから?
という内容の質問が出るほどでした。

その答えは

フランス版のマリ・クレールの雑誌をよく見る

とのこと。

フランス版には、こんな配色もありなのか!と
驚かされて刺激を受けることが多いんだそうです。


もちろん、わたしは
帰りに本屋さんによって、
洋雑誌コーナーへ直行。

フランス版マリ・クレールをみました。

買おうかと思ったけれど、
お値段をみて…
また今度にしようってなりましたね。

輸入雑誌はいいお値段だわ。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖